Jリーグ ヴィッセル神戸

イニエスタ、浦和レッズ戦欠場の情報を巡りJリーグ規約違反の可能性

ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ 写真提供:Getty Images

 J1リーグ第27節・浦和レッズ対ヴィッセル神戸の一戦ではヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの欠場が大きな話題となったが、これがJリーグ規約に抵触する可能性があるようだ。

 イニエスタは前節のガンバ大阪戦で先発出場を果たしていたものの、負傷を抱え72分にピッチを退いていた。これにより浦和戦への出場の可否がファンにとってひとつ大きな注目ポイントとなっていたものの、ヴィッセル神戸首脳陣は同選手の欠場を決断していた。

 ただこのイニエスタの欠場に関する情報でSNSを通じて情報漏えいした可能性が浮上。もしこれが事実だった場合は、試合前に内部情報を漏えいしてはならないというJリーグの規約に違反することとなるため、今後Jリーグ内で大きな議論が巻き起こる可能性があるようだ。

 なお浦和レッズの本拠地・埼玉スタジアム2002では今季最多となる観客動員数(約5万6000人)を記録。しかし肝心のイニエスタの姿を見ることができずに残念に思っているファンは多いことだろう。