パリ・サンジェルマン チャンピオンズリーグ

カバーニ、リーグ・アンが劣ってると言われ反論「フランスはW杯優勝したんだぞ」

FWエディンソン・カバーニ 写真提供:Getty Images

 パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがサッカー解説陣からリーグ・アンが劣ってると言われ、これに反論した。19日、英紙「デイリーメール」が伝えている。

 UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1戦でリバプールと対戦。PSGは敵地でリバプールと対戦し2点のビハインドから同点に追いつくものの、終盤に決勝点を許して2-3で敗れた。この敗戦により、多くの解説陣がプレミアリーグとリーグ・アンを比較するコメントを残していた。

 これに対してカバーニは次のようにコメントを残している。

◆エディンソン・カバーニ
「ヨーロッパのベストチームがチャンピオンズリーグで対戦し、彼らとの対戦で勝つこともあればときには負けることもある。僕はプレミアリーグのチームがリーグ・アンで戦う姿を見てみたいね。そうすれば、どれだけプレミアリーグのチームが優れているかが分かるはずだ。フランスはワールドカップで優勝したし、その中の多くの選手がリーグ・アンでプレーしていた。僕はフランスのリーグが劣っているとは思えない。フランスのチームだってここ数年のチャンピオンズリーグでも上位に進出しているだろう」