海外日本人選手 チャンピオンズリーグ

ガラタサライ長友佑都、7シーズンぶりのCL出場に興奮隠せず

ガラタサライの長友佑都 写真提供:Getty Images

 ガラタサライの日本代表DF長友佑都は自身にとって久々となるチャンピオンズリーグ(CL)出場に興奮を隠せなかったようだ。

 長友は現地時間18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節・ロコモティフ・モスクワ戦で左サイドバックのポジションで先発フル出場を果たし勝利に貢献している。また長友にとってCLの舞台はインテル在籍時の2011/12シーズン以来となっている。

 その7シーズンぶりに出場したCLの舞台について長友は「CL初戦、3-0の勝利で最高のスタート。6年ぶりのアンセムは鳥肌たった。この場所で仕事ができることに大きな幸せを感じる」自身のSNSを通じてコメントを残している。

 またガラタサライの本拠地・トルコ・テレコム・アリーナでCLのアンセムが流れ、スタジアムが熱気に包まれている動画をアップしており、長友はCLの舞台でのプレーを待ちわびていたようだ。

 なお、ガラタサライはグループステージでロコモティフ・モスクワのほかに、ポルトやシャルケとの対戦を控えている。果たして長友は残り5試合でチームをグループステージ突破に導くパフォーマンスを発揮できるのだろうか。