その他

グレミオやボカが準々決勝進出に前進。リベルタドーレス結果

コパ・リベルタドーレス 写真提供:Getty Images

 日本時間10までに決勝トーナメント1回戦1stレグの7試合が行われたコパ・リベルタドーレス。アルゼンチンのボカ・ジュニアーズや、前回王者のブラジルのグレミオなどが勝利を収め、準々決勝進出に前進した。

 アルゼンチンのエストゥディアンテス対ブラジルのグレミオ一戦は、エストゥディアンテスが退場者を出しながらも、1点のリードを守り切って2-1で勝利を収めた。

 アルゼンチンのボカ・ジュニアーズ対パラグアイのクラブ・リベルタの一戦は、マウロ・サラテの得点などでボカが2-0で勝利。

 チリのコロコロ対ブラジルのコリンチャンスの一戦は、先制点を許したコリンチャンスに退場者が出て、最後まで同点に追いつくことができず、1-0でコロコロが先勝した。

 ブラジル同士の対決となったフラメンゴ対クルゼイロの一戦は、チアゴ・ネーヴィスの活躍もあり、クルゼイロが2-0で勝利を収めた。

 アルゼンチン同士の対決となったラシン・クラブ対リーベル・プレートの一戦は、レオナルド・ポンシオが退場し、63%のボール保持率を許したリーベルが辛くも0-0の引き分けに持ち込んだ。

 アルゼンチンのアトレティコ・トゥクマン対コロンビアのアトレティコ・ナシオナルの一戦は、一方的にナシオナルがボールを支配する展開ながら、2-0でトゥクマンが勝利が収めた。

 パラグアイのセロ・ポルテーニョ対ブラジルのパルメイラスの一戦は、現在大会得点王のミゲル・ボルハの2得点でパルメイラスが勝利を収めた。

 ブラジルのサントス対アルゼンチンのインデペンディエンテの1stレグは、22日に行われる。