プレミアリーグ エバートン

ディニュ、疑惑のタトゥーの意味を説明…「フットボールに関するものじゃない」

エバートンに加入したDFリュカ・ディニュ 写真:@Everton

 今夏バルセロナからエバートンに移籍したフランス代表DFリュカ・ディニュのタトゥーが話題になっている。3日
英紙『サン』が報じている。

 2日のニュースでディニュの胸に書かれている「I never walk alone」タトゥーがリバプールファンとエバートンファンとの間で話題になった。なぜかというと、リバプールが試合前に歌う「You’ll Never Walk Alone」という曲の名前と似たワードが胸に刻まれていたからだ。マージーサイドダービーと言われるほどのライバルの応援歌が刻まれていたため話題になっていた。

 しかし、ディニュはエバートン公式サイトでこの疑惑のタトゥーの意味を告白。以下のようなコメントを残した。

「僕のタトゥーはフットボールに関するものじゃないよ。3~4歳の頃に初めて学校に行った時、両親がこの言葉が入ったネックレスをくれたんだ。その後、タトゥーを入れた。リバプールのファンはすごい怒ってるだろうね。でも、僕は2度もリバプールにNoと言ったからね。アイアムブルー!」