クロアチア代表 ワールドカップ

【TRIBE RATINGS】クロアチア対イングランド:クロアチア編 W杯準決勝

大会:ロシアワールドカップ
カード:クロアチア対イングランド
対象チーム:クロアチア
スコア:2-1
担当者:菊池大将(@yukkenokonoko
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


ダニエル・スバシッチ

採点:6.0

序盤に逆を突かれて失点。全体を通してセーブはなかったものの、クロスボールへの対応など全体を通して落ち着きを見せた。

シメ・ブルサリコ

採点:7.5

貴重な同点弾のアシストなど、左サイドからクロスでチャンスを作り続けた。120分間、運動量を落とさず走り続けた。チームを救うヘディングでのスーパークリアも。

デヤン・ロブレン

採点:6.5

空中戦で強さを発揮。セットプレーから得点を重ねてきたイングランドに対して直接以外、ゴールを許さなかった。

ドマゴイ・ビダ

採点:7.0

読みの良いディフェンスとしっかりとしたカバーリングで最少失点に大きく貢献。試合を通して足も止まらず、チームを支えた。

イバン・ストリニッチ

採点:6.5

この試合でも高いパフォーマンスを発揮した。攻撃面では相手のスキをつくドリブルでチャンスを演出。守備面でもしっかりと絞り切ってスターリングやラッシュフォードに対応した。

マルセロ・ブロゾビッチ

採点:6.5

中盤からしっかりと試合を作り、高いパス成功率を記録。最後の局面でもプレーの質を維持した。試合終盤まで足を止めず走り切った。

アンテ・レビッチ

採点:6.0

彼の気持ちが存分に出る試合だった。積極的な守備と、ドリブルでチャンスを演出、ただ、気持ちが空回りする場面も。

ルカ・モドリッチ

採点:6.5

ここまでの試合すべてにフル出場していたこともあり、疲労が色濃く出る試合に。それでもチームの大黒柱として走り、試合を作りチャンスを演出し続けた。プレーの精度があまり落ちないのは流石。

イバン・ラキティッチ

採点:7.0

モドリッチ、ブロゾビッチと共に試合を作りながら的確なポジショニングでチームを支えながら、リスクマネジメント。彼の試合巧者ぶりが発揮された。

イバン・ペリシッチ

採点:8.5

試合終了までしっかりと走り決定機を作り続けた。1番点が欲しいタイミングで同点弾を記録するなど、大一番でしっかりと仕事をこなした。前線からのプレスもチームを助けた。

マリオ・マンジュキッチ

採点:8.5

大一番で貴重な決勝弾。しっかりとした予測からネットを揺らした。前線からも効果的にプレスをかけ、高さもアクセントに。