ワールドカップ

ソン得点も韓国がメキシコに破れ決勝T進出絶望的に

得点を決めたハビエル・エルナンデス 写真提供:Getty Images

 日本時間24日に行われたワールドカップロシア大会グループステージ第2節、グループFの韓国代表対メキシコ代表の一戦は2-1でメキシコが勝利を収めた。

 初戦で前回王者のドイツを破ったメキシコと決勝トーナメント進出に向けて後がない韓国の試合は、両者ともに慎重にゲームを進める。

 4-4-2もしくは4-2-3-1のブロックを敷いて堅守速攻を狙う韓国は、ソン・フンミンにボールを集めて単独突破を試みる。

 しかし先に試合を動かしたのはメキシコ。26分、左サイドに流れたアンドレス・グアルダードのクロスボールを、チャン・ヒョンスがペナルティエリア内でハンド。このファウルで得たPKをカルロス・ベラが落ち着いて決め先制に成功する。

 システムを変更しながら巧みに韓国の攻撃をしのぎ、イルビング・ロサーノやベラを中心に効果的な攻撃を仕掛けるメキシコが主導権を握る形で前半は終了。

 後半に入りゴールを決めたのはまたもメキシコだった。66分、カウンターから3対2の局面を作り、左側を駆け上がっていたハビエル・エルナンデスがボールを受ける。フェイントで相手をひとりかわしてから冷静に右足を振りぬき、韓国の息の根を止める2点目を突き刺した。

 後がなくなった韓国はイ・スンウを投入して攻勢を強める。93分にソン・フンミンが強烈なミドルシュートを突き刺して一矢報いるが、ここで試合終了。メキシコが決勝トーナメント進出に大きく近づいた。