ブンデスリーガ リーガ

神セーブ連発でレアルを決勝に導いたGKナバス、CL3連覇へ意気込む

 レアル・マドリードに所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは、前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇へ意気込んでいる。2日にスペイン『マルカ』が伝えた。

 日本時間今朝に行われた、CL準決勝のレアル・マドリード対バイエルン・ミュンヘンの2ndレグは2-2の引き分けで終了したが、1stレグを2-1で勝利していたマドリードが合計スコア4-3で決勝進出を決めた。

 激闘の末、決勝への切符を手にしたのはマドリードだった。しかし、試合を支配していたのは確実にアウェーのバイエルンだった。この事実はデータから明らかであり、シュート数は9:22、枠内シュート数は3:10、ボール支配率は4:6という割合だった。

 この試合で最も輝いていた選手の1人はマドリードの守護神を務めるナバスだった。実に8本もの枠内シュートを防いだ同選手は、試合後のインタビューで以下のように語り、CL3連覇へ意気込んだ。

「僕はとても嬉しいよ。非常に難しい試合だったから、神に感謝しなければならない。僕たちはたくさん苦しんだ。けれど、望んでいた通り決勝に勝ち進むことができた。歴史に名を残せるように最後まで戦うよ。ファンの応援に感謝したい。キエフ(決勝の舞台)でも同じようなメンタリティで共に戦いたいね」

 今季のCLの決勝はウクライナの首都キエフにて、日本時間5月27日の朝3時45分にキックオフ予定となっている。前人未到のCL3連覇を目指すマドリードの相手は、日本時間明日早朝に行われるローマ対リバプールの結果により明らかになる。