ブンデスで戦う“侍11選手”の独紙評価は?ブンデス初先発の伊藤が高評価 

ブンデスリーガ 侍11選手 独紙評価

ブンデスリーガ侍11選手独紙評価 写真提供:Getty Images

 ブンデスリーガ、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で戦う侍11選手の現地評価を紹介する、このコーナー。ドイツ誌『キッカー』オンライン版の編集者であるキム・デンプフリングによる監修のもと、同紙の採点と現地評価を紹介する。『キッカー』採点は最高点が1、最低点が6となる。30分以上プレーした選手のみ採点を受ける。

著者:キム・デンプフリング
ドイツ誌『キッカー』オンライン版の編集者。日本語を勉強していたこともあり、大阪で1年間の留学、徳島で1年間の仕事を経験している。スポーツ報知などの日本メディア向けのブンデスリーガの特派員としての経験を経て、日本代表FW乾貴士(アイントラハト・フランクフルト所属時)や大迫勇也(1860ミュンヘン所属時)といった選手の通訳としても活躍した。

香川真司(採点2=滅多に見られないパフォーマンス)

香川真司 写真提供:Getty Images

アウクスブルクに2-1でドルトムントが勝利した試合で香川は再び素晴らしいパフォーマンスをみせた。チップキックで素晴らしくコントロールされたボールはアウクスブルクGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。ブンデスリーガでのゴール数を38に伸ばし、ブンデスリーガでの日本人最多ゴール記録を更新した。『キッカー』のベストイレブンにも選ばれている。

< あわせて読みたい >
世界各国の美しすぎるサッカー美女サポーターたち
2017年最新サッカー高額移籍金ランキング
サッカー史上、最も“酷い”デザインのユニフォーム13選

< Previous
Page 1 / 12