【F2】横浜の渡邉瞬GMがツイッターをスタート 年間運営費、補強動向、さらにクラブライセンス基準も紹介

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

Fリーグ・ディビジョン2のY.S.C.C.横浜の渡邉瞬氏が、2月下旬にツイッターを開始した。横浜ファンならずとも、Fリーグファンが気になるような情報が数多くアップされている。 まずは2月24日、元Jリーガーの加入内定を予告している。さらに来季の獲得に向けて、3選手と話し合いを行うことを明かした。

その2日後には、サッカーの元日本代表選手とミーティングを行い、あらためてFリーグに必要なものが何かと、自身の感じたことを言及している。

そして、注目は27日のツイートだ。Fリーグのクラブライセンス基準について明かしている。

続けて、F2初年度で2位になったクラブの年間運営費が、約1300万円だったことも明かしている。

そして、昨日も3選手と面会したことを公表。1選手との契約が近づいたことを示唆している。

さまざまな情報を発信している渡邉GMのツイートに今後も注目だ。