【選手権】酒井に示されたプロの姿勢、ペドロ・コスタと衝突を明かす名古屋FP橋本優也「本当に学ぶことが多かった」

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

[3.10 第24回全日本選手権決勝 名古屋
6-0 立川・府中 駒沢屋内]
名古屋オーシャンズは10日の第24回全日本フットサル選手権で立川・府中アスレティックFCに6-0で勝利し、2年連続の国内3冠を達成した。

アカデミー出身のFP橋本優也は、昨年、スタンドから名古屋サテライトの一員としてトップチームに声援を送ったが、今季はトップチームの一員として決勝のピッチに立つことができた。

この1年で自身のプレーにも自信を持てたという橋本は、今季限りでチームを去るペドロ・コスタ監督、元日本代表FP酒井ラファエル良男から学んだことを明かしてくれた。

以下、決勝後の名古屋FP橋本優也のコメント
――優勝おめでとうございます。
橋本 ありがとうございます。チーム的には良かったのですが、個人的にはまだまだじゃないですかね。まだまだです。本当に。

――ペドロ・コスタ監督が退任して、一つの時代が終わります。また来年は、同じところからのスタートになります。
橋本 またアピールも大変ですが、今までやってきたことをそのまま出していければ、自分のなかでは自分がそんなに悪いと思っていませんし。

――なかなか出られませんね。
橋本 そうですね。でも、たまに凡ミスがあったりするので。そういうところは自分でも思うところがあるので、そういうところを減らしていって、攻撃のところで、ゲームを組み立てる部分で自分が入っていければなと思います。ドリブルとかは、自分の中で悪くないと思いますし、それで点を取っている場面もリーグ戦ではあったので、全然、悪いとは思っていません。

――そこは自信をもって……ですね。
橋本 そこは生かしつつも、あとは単純なミスなどを減らしていきたいです。

――お手本になる選手が多いクラブだと思いますが、ペドロ・コスタ監督、酒井ラファエル良男選手には何を教わりましたか?
橋本 本当に学ぶことは多かったですが、何をって言われても、パッと思いつくものはないんですけど、酒井に関しては、僕が初めてFリーグのピッチに立つことになった時に、いつもはめっちゃイジってくるのに、試合になったら急に優しくなって「おまえ、行けるぞ!」みたいに励ましてくれたんです。その時に俺、めっちゃ感動しちゃって「あ、これがプロなんだ」って思いました。

――プロが何かを示してくれたんですね。
橋本 はい。そうですね。プロ意識を酒井からは教わった気がします。コスタからはいろいろなことを学びました。僕がプロになって初めての監督だったこともあって、対立してメンバーから外れたこともあったんですよ。昨年のアウェーで、墨田体育館で立川・府中に負けた試合の時ですね。その時もメンバーには入っていたんですが、直前の練習で揉めて……。

――どんな譲れないことがあったんですか?
橋本 ぺラドン(アップのゲーム)をやっていて、遊びだったんですがそれで喧嘩になって、言い合いになったんですよね。そういうことがあったのですが、そういうのも一つ勉強になりました。

――プロの監督との接し方ということですね。来季はそういうものも生かして、アピールしないといけませんね。
橋本 新監督のもと、頑張らないといけませんね。もう25歳になりますからね。中堅ですよ。僕自身、若手だと思っていないですし、代表にも定着しないといけません。いつまでも当たり前に名古屋にいられるとも思っていないですし、危機感もあるので、シーズンが始まってから活躍するために、このオフも過ごしたいなと思います。