【地域】すみだバッファローズがU-20日本代表候補GK茂呂翔也ら、3選手の退団を発表

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

東京都1部リーグのフウガドールすみだバッファローズは15日、クラブの公式HPで3選手の退団を発表した。
クラブを離れるのはGK小林蒼、FP松田隼、そしてU-20フットサル日本代表候補のGK茂呂翔也の3選手となっている。

3選手はクラブを通じて以下のコメントを発表している。
●小林蒼
「この度フウガドールすみだバッファローズを退団することになりました。
このチームの最初の印象はこんなに我の強い集団について行けるかな。でした。ですが、知識も技術もない自分にチームメイト、コーチングスタッフ、皆んなが真剣に向き合ってくれたお陰で、全国大会に出て胸を張ってプレーすることができました。この2年間でフウガというチームが大好きになりました。本当にこのチームに出会えて良かったです。フウガでの2年間はとても楽しく、貴重な経験もさせて頂きました。
この経験を無駄にしないよう、更に成長した姿を見せられる様に今後もチャレンジしていきます!
応援してくださった皆様、2年間本当にありがとうございました!

●松田隼
「この度フウガドールすみだバッファローズを退団することになりました。もう一度フウガに受け入れてくれた須賀監督をはじめ、コーチ、スタッフ、チームメイト、サポーター、皆様のおかげでフットサル選手としてはもちろん、人間としても大きく成長することができました。
1年間という短い間でしたが、フウガでプレーができて幸せでした。フウガでの体験を大切にして、これからも進んでいこうと思います。
ありがとうございました!」

●茂呂翔也
「この度フウガを退団することになりました。
中1の時から約7年間このチームにお世話になり、本当にいろいろな経験をさせていただき、またそれだけでなく人間としても大きく成長させてもらいました。
ここまで自分を育ててくれたチーム、監督、コーチ、スタッフそして遠いところまで応援に駆けつけて下さったサポーターの皆さんには感謝しかありません。
ありがとうございました!」