Jリーグ

Jリーグ終盤戦突入を前に「黄色信号」の3クラブ

ガンバ大阪、アルビレックス新潟、川崎フロンターレ

2021シーズンのJリーグはこれから終盤戦に突入する。ここからの試合は1試合にかかる重みがいつも以上にのしかかる負けられない戦いばかりだ。スタメンのみならず控え選手、スタッフ含めた総力戦で制したチームが上に行くことだろう。しかし、そうした緊張感が高まる終盤戦を前にチーム状況が下降気味のクラブがいくつか存在していることも事実だ。

ここでは終盤戦突入を前に「黄色信号」が点灯しているJリーグクラブをご紹介したい。


ガンバ大阪

ガンバ大阪

昨2020シーズンはJ1リーグ2位で終了し、さらなるステップアップを目指して今シーズンに臨んだガンバ大阪。しかし開幕前に膨らんだ期待はすぐに裏切られることになった。優勝レースからは早々に脱落、低調なパフォーマンスを好転させることができないまま宮本恒靖前監督が契約解除され、何ともあっけない幕引きとなってしまった。後任として松波正信監督に再建を託すも「元通り」に戻ったとは言えない。就任してまもなく4ヶ月が経とうとしているが、前任者の体制から何も前進しておらず「つまらない内容」に不快感を示す人間も多いはずだ。

特に開幕当初から課題として挙げられていた「攻撃のロジック」を未だに見出だせていないことは終盤戦を迎えるにあたり由々しき事態であると考える。ここまでリーグ戦で記録されたゴール数は28試合で21ゴール(9月12日現在)。これはJ1クラブでは徳島ヴォルティス、大分トリニータに続いて少ないゴール数である。昨シーズンサンフレッチェ広島でリーグ戦15ゴールをマークしたレアンドロ・ペレイラや宇佐美貴史など豪華攻撃陣を擁しているにも関わらず得点数が伸び悩んでいる極めて異常な状態だ。

上記のデータは第27節終了時点の「1試合あたりの総スプリント数と走行距離」を示したデータである。ここからも分かるようにガンバ大阪はJ1クラブで最も「走らない集団」になっていることが分かる。全体的なコンディション不良なのか、ただ走っていないのか。試合にかける積極性をまずは培って欲しいと願うばかりだ。アグレッシブさが伝わる髙尾瑠やウェリントン・シウバを数試合の間負傷で欠いていたことは不運だが、それでもリスクを追ってゴールを奪う姿勢をファンは見たいと思っているに違いない。攻撃時に2バックにまでしてでもゴールを狙いに行くチームもいるのだからまだまだ前線へのベクトルを強めたい。

Previous
ページ 1 / 2

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:プレミアリーグクラブ、Jリーグでは京都サンガ応援してます。

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。かれこれ人生の半分以上はサッカー観戦に明け暮れ、週末にはキルケニー片手にプレミアリーグやJリーグにかじりついています。最近上司がメイソン・マウントにハマり、その影響かチェルシーが好きになりそうな自分がいます。

筆者記事一覧