リーガ レアル・マドリード

レアル、主力DF2選手が今夏退団か。フランス代表バランの契約期間は…

ラファエル・バラン 写真提供:GettyImages

 レアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・バランは早くて今夏にも退団する可能性があるようだ。23日、スペイン紙『スポルト』が報じている。

 バランは2011年夏にRCランスからレアル・マドリードに加わると、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスとともに最終ラインに必要不可欠な戦力にまで成長。UEFAチャンピオンズリーグ3連覇をはじめこれまで数多くのタイトル獲得に大きく貢献している。

 今季もここまで公式戦25試合に先発出場するなどジネディーヌ・ジダン監督からの信頼は揺るぎないものとなっているが、周囲では本人が今後のキャリアを見据えて退団を視野に入れているという見方が広まっている。また、同選手とレアル・マドリードの契約期間は2022年6月に満了を迎えるため、今後の動向次第では今季終了後に移籍する可能性もあるようだ。

 なお、レアル・マドリードはセルヒオ・ラモスの契約延長にむけて注力しているものの、交渉に進展は見られずバランと同様に今夏退団の可能性がささやかれている。直近数シーズンにわたりチームをけん引してきた2選手を一気に失うことを避けたいクラブ首脳陣だが、すでに頭を抱えていることだろう。