その他 ALL

試合中に喫煙、性行為…とんでも行動でクビになった選手たち

パブロ・オスバルド 写真提供: Radio Argentina

サッカー選手が結果を残せなかった場合、クビになってしまうのは避けられないことだ。しかし、ときにクラブは頭った行動を取った選手をクビにしなければならないこともある。それがいかに優れた選手であってもだ。

今回は深刻な理由でクビとなった選手たちをご紹介する。

パブロ・オスバルド (ボカ・ジュニアーズ)

解雇の理由:試合中喫煙

ユベントスやローマなどでプレー経験のあるオスバルド 。サッカー選手として世界のトップクラブでプレーできる素質を持っていたものの、ピッチ外での素行が悪く、自身の評価を下げていた。

そんなオスバルドは、ある事件をきっかけに2016年に所属していたアルゼンチンのボカ・ジュニアーズを離れることになった。

2016年5月に行われたコパ・リベルタドーレス(南米サッカー連盟が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会)のナシオナル・モンテビデオ戦の時だった。オスバルドはハーフタイム中にタバコを吸っていたことが発覚。当時ボカ・ジュニアーズの監督であったギジェルモ・バロスケロットと喧嘩になった。

加えて、試合後にチームを支えるためにウルグアイまで足を運んだサポーターへ挨拶をせずにロッカールームに戻ったオスバルド。クラブは解雇することを決めた。


パヴェル・ポグレブニャク 写真提供: Gettyimages

パヴェル・ポグレブニャク(ディナモ・モスクワ)

解雇理由:偽の診断書

2015年から2018年までディナモ・モスクワでプレーしていたポグレブニャクは、とんでもない嘘をついたことでロシアのクラブを離れることになった。

彼は知り合いの医者から診断書を作成してもらい、病気を理由にクラブの練習、そして2018年12月に行われたアンジ・マハチカラ戦を欠席した。

しかし、彼は家でおとなしくしていたわけではない。飛行機でイタリアのトリノに飛び、イタリアダービー(インテルとユベントスの試合)を観戦。その姿がSNSに投稿され、彼の愚行が明らかとなった。

この事件に関して、ディナモ・モスクワはすぐに調査を開始。ポグレブニャクはクビとなった。。ディナモ・モスクワのドミトリー・ホフロフは彼に絶望したと発言。2人の関係は未だによくないと言われている。


トム・ホッパー 写真提供: Gettyimages

トム・ホッパー、アダム・スミス、ジェームズ・ピアソン(レスター・シティ)

解雇理由:性行為、人種差別事件

2015年6月17日、レスター・シティはFWトム・ホッパー、GKアダム・スミス、DFジェームズ・ピアソンの3名を解雇したことを公式に発表した。

プレミアリーグ終了後、タイ人オーナーの旅行会社キング・パワー・インターナショナルの提供でイングランドのクラブはタイに遠征。そのツアー中に発生した出来事が解雇の理由となった。

3人の選手は現地の女性3名をホテルに連れ込み、複数人で性行為を行った上、携帯電話で撮影された映像が流出した。また、その動画の中でタイ人女性に対して「お前は10点中1点だ」や「目の細いやつ」など人種差別的な発言を浴びせていたという。

レスター・シティは3人をすぐに帰国させ調査。選手の解雇を決めている。ちなみにDFのジェームズ・ピアソンは監督であったナイジェル・ピアソンの息子でもあり、この事件は父の解任に大きく関係したと言われている。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧