リーグアン 移籍

PSG、DFハキミ獲得に興味!

アクラフ・ハキミ  写真提供:Gettyimages

 パリ・サンジェルマンがレアル・マドリードからレンタルでボルシア・ドルトムントに加入しているモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの獲得に興味を持っているようだ。2日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 2018年夏の移籍市場でマドリードから2年間のレンタルでドルトムントに加入したハキミ。昨シーズンでは少ない出場機会の中、2ゴールを挙げるなど存在感を示すと今季はここまで公式戦37試合に出場して7ゴール10アシストを記録しスタメンに定着。バイエルン・ミュンヘンやユベントスからの関心も噂されるなどその去就に注目が集まっている。そんな中、今回の報道によるとPSGもハキミの獲得に興味を持っているようだ。

 PSGはベルギー代表DFトーマス・ムニエやフランス代表DFレイバン・クルザワの契約が今シーズンまでに迫っており、両サイドバックをこなせるハキミの獲得に関心を示しているとのこと。

 なお、マドリードとハキミの契約は2021年夏まで。そのため、同クラブはハキミに対して新たに5年契約を提示する準備を進めているとのこと。なお、マドリードはハキミがこのオファーを拒否した場合、売却を決断するとも。以前ハキミはマドリード復帰を希望していたが、果たして来季はどのクラブでプレーすることになるのだろうか。