その他 ALL

恐るべしプレミアリーグ。放映権料ランキングトップ10!

写真提供: Gettyimages

クラブにとって大きな収入源の1つである放映権料。特にプレミアリーグでは放映権料の高騰により、小規模なクラブでも高額な選手を獲得することが可能になっている。

『Swiss Ramble』は2018/2019シーズンの各国クラブの放映権による収入を発表した。今回は、それをランキング形式でご紹介する。


写真提供: Gettyimages

10位:レアル・マドリード

1億2500万ポンド(約164億650万円)

9位:ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ

1億2700万ポンド(約166億7000万円)

8位:エバートン

1億2900万ポンド(約169億3100万円)

7位:バルセロナ

1億3000万ポンド(約170億6700万円)

10位にはラ・リーガからレアル・マドリードがランクイン。ただ、恐るべきはウルブスとエバートンがマドリードを上回る放映権料受け取っていることだろう。その2クラブの上にはバルセロナがランクイン。バルセロナがマドリードを抑え、スペインで最も放映権料を受け取っているようだ。なお、ランキング20位までに入ったプレミアリーグ以外のクラブはレアル・マドリードとバルセロナの2クラブのみ。プレミアリーグの一人勝ち状態が、またも明らかとなっている。


写真提供: Gettyimages

6位:アーセナル

1億4200万ポンド(約186億3700万円)

5位:マンチェスター・ユナイテッド

1億4300万ポンド(約187億6900万円)

4位:トッテナム・ホットスパー

1億4500万ポンド(約190億3150万円)

6位にランクインしたのはアーセナル。莫大な放映権料を得ていそうなユナイテッドはその下の5位となった。4位にはトッテナムがランクイン。やはり。チャンピオンズリーグ(CL)決勝に進出したことが影響しているのだろうか。


写真提供: Gettyimages

3位:チェルシー

1億4600万ポンド(約191億6300万円)

2位:マンチェスター・シティ

1億5100万ポンド(約198億1900万円)

1位:リバプール

1億5200万ポンド(約199億5000万円)

3位には昨シーズンにヨーロッパリーグ(EL)を制したチェルシーがランクイン。EL決勝まで進んだことが影響しているのだろう。2位にはプレミアリーグを制したシティがランクイン。1位にはリーグでは2位だったリバプールがランクインした。CL優勝クラブの放映権料が最も高額になっている。