リーガ バルセロナ

バルサSDアビダル、デンベレのドタキャンに「失望している…」

ウスマン・デンベレ 写真提供: Gettyimages

 バルセロナのエリック・アビダルSD(スポーツディレクター)がフランス代表FWウスマン・デンベレの行動に失望しているようだ。23日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 デンベレは今月16日に行われたラ・リーガ開幕戦のアスレティック・ビルバオ戦で左足のハムストリングを負傷。バルセロナは本人に、この試合の翌日に検査をするよう伝えたものの、許可なく母国フランスへ帰国していた。

 デンベレがクラブに戻ってきたのは19日。検査結果は1日遅れで発表され、約5週間の離脱が言い渡されている。

 複数報道では、バルセロナがデンベレの行動に対して、高額な罰金措置を課す方針とも伝えられたが、最終的に罰金等の処罰はなかった。

 しかし、アビダルSDはデンベレの代理人を務めるムサ・シソコ氏に直接会い、今回の事態を説明。「デンベレの行動に失望している」と伝えたようだ。

 これまで、遅刻や寝坊ファーストフードの食べ過ぎ借家をゴミ屋敷にするなど様々な問題行為をしてきたデンベレ。果たして、彼のプロ意識が改善される日は来るのだろうか。