リーガ バルセロナ

デンベレ、借りてた家をゴミ屋敷にして放置し有罪判決…

ウスマン・デンベレ  写真提供:GettyImages

 バルセロナのフランス代表FWウスマン・デンベレが借家をゴミ屋敷にした問題で、損害賠償1万ユーロ(約125万円)の判決が下されたようだ。8日に独紙『ビルト』が報じている。

 2017年の夏にボルシア・ドルトムントからバルセロナへと移籍したデンベレ。同紙によると、ドルトムント時代に借りていた家がゴミだらけのままで放置されていたため、家主が訴えたという。

 そして今回、その裁判が結審を迎え、デンベレには1万ユーロ(約125万円)の損害賠償金の支払いが言い渡されたようだ。

 なお家の所有者はゲルト・バイセンベルクさんは「家はただのゴミ箱だった。私が初めて家を見た時、恐怖感を覚えたよ」と家の様子を語っている。