プレミアリーグ

期待外れなんて言わせない!2シーズン目から輝いたプレミアの名選手

2019/2020シーズンの開幕が近づいている。昨シーズンに新天地に加入し、結果を残せなかった選手も多いだろう。しかし、過去には移籍1年目に苦戦しながらも、2年目から脅威的な活躍を見せたプレミアリーグの名選手が多くいる、今回はそんな彼らをご紹介する。


ハビエル・マスチェラーノ

当時:ウェストハム・ユナイテッド
現在:河北華夏幸福

マスチェラーノはプレミアリーグ初挑戦となった2006年に、ウェストハムで苦しいシーズンを過ごした。しかし、翌年にリバプールへ移籍するとすぐにレギュラーの座を確保。CLの決勝進出にも大きく貢献した。ファン投票のMVPに選ばれている。その後の活躍はご存知の通りだ。


パトリス・エブラ

当時:マンチェスター・ユナイテッド
現在:フリー

モナコから2006年にユナイテッドへ加入したエブラ。しかし、ガブリエル・エインセの存在もあり、出場機会の確保は難易度が高かった。しかし、2年目は安定した活躍を見せて見事にレギュラーの座を奪取。エインセは追い出されるかたちでレアル・マドリードに移籍している。


ロベール・ピレス

当時:アーセナル
現在:アーセナルコーチ

加入初年度からマルク・オーフェルマルスの後釜として期待されたピレス。しかし、思うような結果を残せず、リーグのスタイルに不満を漏らすことも。しかし、アーセン・ベンゲルの下、2年目からはティエリ・アンリらとと共に強力な攻撃陣を形成。無敗優勝にも大きく貢献している。


ケビン=プリンス・ボアテング

当時:ポーツマス
現在:サッスオーロ

プレミアリーグ初挑戦となったトッテナム・ホットスパーで思うような活躍を見せることができなかったボアテング。ボルシア・ドルトムントでのレンタル生活を挟んでポーツマスに移籍すると、降格争いを繰り広げるチームの中で最も印象的な選手の1人として活躍した。


マイケル・エッシェン

当時:チェルシー
現在:サバイル

3800万ユーロ(約51億円)という当時としては破格の移籍金でチェルシーにやってきたエッシェン。1年目からリーグ戦31試合に出場したが、才能のすべてを見せきることはできなかった。しかし、2年目以降は存分に能力を発揮。ジョゼ・モウリーニョにも代えの利かない選手と称されている。


ダビド・デ・ヘア

当時:マンチェスター・ユナイテッド
現在:マンチェスター・ユナイテッド

エドビン・ファン・デル・サールの後釜として獲得されたデ・ヘアだったが、普段からリーガを見ていないサポーターにからは、移籍金に見合うのかという懐疑的な見方をされていた。1年目はつまらないミスなどが散見されたが、2年目以降はファン・デル・サールを超えたともいえる素晴らしいパフォーマンスを披露。最も欠かせない選手の1人となっている。