プレミアリーグ リバプール

今ならお得に買える!リバプールが獲得すべき4人目の点取り屋候補5選

2018/2019シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)制覇を筆頭に、素晴らしいシーズンとなったリバプール。しかし、プレミアリーグではマンチェスター・シティに一歩及ばず2位に終わり、プレミアリーグ移行後初の優勝はお預けとなった。

モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネという素晴らしい3人のストライカーがいるが、それに続く選手がいないことを指摘されているリバプール。そこで今回は『90min』が紹介した、格安で獲得できる4人目のストライカー候補5選をご紹介する。


アジョセ・ペレス

クラブ:ニューカッスル・ユナイテッド

ペレスはニューカッスルで素晴らしいシーズンを過ごした。チームが余裕をもって残留できたのは、彼が記録した12のゴールが大きく貢献している。

ペレスは移籍を希望しているとされており、バレンシアが獲得レースを先行しているようだ。移籍金の予想は2000万ポンド(約27億4000万円)。かれのポテンシャルを考えると、お得な選手だ。


ステファン・エル・シャーラウィ

クラブ:ローマ

ローマとの契約が最終年に入ろうとしているエル・シャーラウィ。今夏の移籍ウィンドウでは中国の上海申花からのオファーを拒否したと報じらている。ローマ残留に重きを置いているかもしれない。しかし、ローマは2000万ユーロ(約24億5000万円)という同選手の値札を、非売品に変えようとはしていない。

クラブにとっては失望的なシーズンだったが、その中でエル・シャーラウィはベストと呼ぶにふさわしい選手だった。バックアッパーやオプションの一環として彼を獲得することは、リバプールにとってかしこい振る舞いとなるはずだ。


イアゴ・ファルケ・シルバ

クラブ:トリノ

かつてトッテナム・ホットスパーやサウサンプトンに所蔵していたファルケ。現在は7位と素晴らしい形でシーズンを終えたトリノの中心選手だ。

昨シーズンは6ゴール、5アシストの活躍。トリノにとって非常に重要な選手だが、クラブは放出の可能性を閉ざしていないようだ。フラストレーションの溜まるプレーを見せることもあるが、ブリリアントな瞬間を見せてくれることも多い。リバプールでは影響力を持った交代カードとして使えるだろう。


ロベルト・ペレイラ

クラブ:ワトフォード

ペレイラはワトフォードで傑出したパフォーマンスを見せている。そして、今夏の退団が噂される選手の1人だ。

ワトフォード移籍前はユベントスでプレーしていたペレイラ。チームメイトのトロイ・ディーニーは「これまで共にプレーした選手の中で最高」とペレイラを褒めちぎっている。

トリノがペレイラの獲得に動いているとされている。ペレイラにつけられた値段は2000万ユーロ(約24億5000万円)だ。ただ、リバプールであれば、交渉の開始が多少遅れても問題はないだろう。


ジョナタン・イコネ

クラブ:リール

イコネはリーグ・アンを2位で終えたリールの中でシーズンを過ごした。38試合で3ゴール、10アシストと数字面も申し分ない。U-21フランス代表では、国際舞台でも活躍できることを証明した。

彼はまだ21歳。切り札として意味だけでなく、将来を見据えた補強と捉えることができるだろう。プレーの幅は広く、右サイドを中心に中央でもプレーができる。移籍金の予想は1500万ポンド(約20億円)ほど。彼の年齢とポテンシャルを考えれば、お買い得と言えるだろう。