リーグアン マルセイユ

バロテッリ、前節ボルドー戦がマルセイユでの最終戦か。最大8試合出場停止の恐れ

オリンピック・マルセイユのマリオ・バロテッリ 写真提供:GettyImages

 オリンピック・マルセイユのFWマリオ・バロテッリは現地時間5日に行われたリーグアン第31節・ボルドー戦がマルセイユでのラストゲームになる可能性があるようだ。9日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が報じている。

 バロテッリはこのボルドー戦で69分から途中出場を果たしたものの、81分にボールホルダーとは関係ない位置でDFパブロ・カストロから肘打ちを受けて倒れている。

 これにより、カストロは退場処分を受けているが、このシーンの前にバロテッリが同選手に対して鼻を負傷させていた模様。主審は試合中に気づかなかったものの、映像で確認されていることからバロテッリに対して5試合から最大8試合の出場停止処分が科される可能性が浮上しているようだ。

 また8試合の出場停止処分となった場合、リーグ戦が残り7試合であり、かつバロテッリとマルセイユの契約期間が今季終了後までとなっていることから、同選手は契約延長が行われない限り、ボルドー戦を最後にマルセイユを去ることになる。

 今冬にニースとの契約を解除してマルセイユに加入したバロテッリはここまで公式戦10試合に出場して7ゴールをマークするなど、本来のパフォーマンスを取り戻していた。

 しかし今回の相手ディフェンダーとやり合った出来事によって、再び自身に対する周囲の見方が変わるかもしれない。