パリ・サンジェルマン リバプール

CLのリバプール対PSG戦でムバッペやサラーより速いやつがいたぞ

キリアン・ムバッペとフィルジル・ファン・ダイク 写真提供:Getty Images

 世界最速のサッカー選手といえばパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが頭に浮かぶ人が多いだろう。しかし、先日行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1戦リバプール対PSG戦でフランスの神童スピードを超える選手が現れた。20日、英メディア『SPORTbible』などで伝えられている。

 その選手はリバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク。DF史上最高額となる7500万ポンド(約108億7500万円)でリバプールに移籍したファン・ダイクだが世界で最も速いセンターバックなのかもしれない。

 英メディア『BTsport』の記録によると、ムバッペが32kmに対してファン・ダイクは32.4kmと上回る結果に。また、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンも32kmを記録している。

 リバプールは以前エジプト代表FWモハメド・サラーとセネガル代表FWサディオ・マネがどちらの足が速いか話題になったが、まったく同じ速度30.4kmを記録した。