イングランド代表 ワールドカップ

【TRIBE RATINGS】W杯グループステージ イングランド対パナマ:イングランド編

大会:ロシアワールドカップ
カード:イングランド対パナマ
対象チーム:イングランド
スコア:6-1
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


ジョーダン・ピックフォード

採点:6.5

失点シーンは責められない。ムリージョとの1対1のピンチは体を張った好守で切り抜けた。


カイル・ウォーカー

採点:7.0

最終ラインからの組み立てに積極的に関与し、後方から大勝に貢献。


ハリー・マグワイア

採点:6.5

守備の仕事が少ない中で無難なプレーを見せた。セットプレーでは相手の脅威に。


ジョン・ストーンズ

採点:8.0

セットプレーから代表初ゴールを含む2得点。特に先制ゴールのヘディングは見事だった。


アシュリー・ヤング

採点:6.0

効果的に攻撃に絡む場面はほとんどなく、試合に入りきれなかった印象。1対1でも相手を上回れなかった。


キーラン・トリッピアー

採点:8.0

CKから先制点をアシストし、正確なロングパスで2点目のPKも演出。序盤のキープレーヤーだった。


ジェシー・リンガード

採点:7.5

厳しいマークに遭いながらもDFラインの裏を突いてPKを獲得し、美しいシュートでチームの3点目をマーク。


ジョーダン・ヘンダーソン

採点:7.0

低い位置からパスを散らして相手ディフェンスを揺さぶるなど、安定したパフォーマンスを見せた。


ルーベン・ロフタス=チーク

採点:6.5

チュニジア戦で負傷したデレ・アリに代わって先発出場。大きなインパクトは残せなかったが、後半はより積極的にプレーしチーム6点目のきっかけに。


ハリー・ケイン

採点:8.0

止めることが不可能な強烈なキックで2回のPKを成功。味方のシュートが当たるラッキーな形でハットトリックを達成して、得点王争いのトップに躍り出た。


ラヒーム・スターリング

採点:7.0

リンガードのゴールをアシストし、チームの4点目にも絡んだ。下がってボールを受けるなど、前線に流動性を生み出す工夫を見せた。