ブンデスリーガ リーガ

UEFAクラブランキング、1位レアルが独走。2位にはあのチームが浮上

 UEFA(欧州サッカー連盟)が28日、2017-18シーズンの成績を加味した最新のクラブランキングを発表した。

 UEFAクラブランキングはUEFAが主催する大会での結果をもとに、過去5シーズン分の成績を考慮して算出される。1位はCL2連覇中のレアル・マドリード。2位には今回の更新でアトレティコ・マドリードが浮上。3位には先日のレアル戦で敗れたバイエルン・ミュンヘンが1つランクを下げた形でランクイン。

 日本人が所属するクラブでは、日本代表MF香川真司のボルシア・ドルトムントが10位。MF南野拓実のザルツブルグ30位。同代表MF森岡亮太のアンデルレヒト33位。同代表DF酒井宏樹のマルセイユが46位。同代表DF長友佑都のガラタサライが51位。FW久保裕也のヘントが56位となっている。

以下30位までのランキング。(カッコ内は過去5シーズン分の成績を考慮して算出されるポイント)

1 レアル・マドリード (158.000pt)
2 アトレティコ・マドリード (135.000pt)
3 バイエルン・ミュンヘン (134.000pt)
4 バルセロナ (132.000pt)
5 ユベントス (126.000pt)
6 セビージャ (113.000pt)
7 パリ・サンジェルマン (109.000pt)
8 マンチェスター・シティ (100.000pt)
9 アーセナル (93.000pt)
10 ボルシア・ドルトムント (89.000pt)
11 ポルト (86.000pt)
12 マンチェスター・ユナイテッド (82.000pt)
13 チェルシー (82.000pt)
14 シャフタール・ドネツク (81.000pt)
15 ベンフィカ (80.000pt)
16 ゼニト (78.000pt)
17 ナポリ (78.000pt)
18 バーゼル (71.000pt)
19 トッテナム (67.000pt)
20 レバークーゼン (66.000pt)
21 ローマ (62.000pt)
22 ディナモ・キエフ (62.000pt)
23 シャルケ (62.000pt)
24 リバプール (61.000pt)
25 リヨン (59.500pt)
26 べシュクタシュ (57.000pt)
27 モナコ (57.000pt)
28 オリンピアコス (54.000pt)
29 フィオレンティーナ (54.000pt)
30 ザルツブルク (53.500pt)