リーガ セリエA

ムンタリ、リーガ初挑戦なるか。セードルフ新監督のデポルティーボでトライアル

 現在無所属の元ガーナ代表MFサリー・ムンタリは、デポルティーボ・ラ・コルーニャのトライアルを受けることが決まったようだ。9日にクラブが公式に発表した。

 ウディネーゼやインテル、ミランといったイタリアのクラブでプレーした経験を持つムンタリは、昨年ぺスカーラを退団した後、無所属となっていた。しかし、現在33歳の同選手が再びピッチに戻ってくる可能性が高まっているようだ。

 今回、獲得を検討しているのは、リーガ・エスパニョーラのデポルティーボ・ラ・コルーニャ。先日、かつてミランを指揮したことがあるクラレンス・セードルフ氏を新監督に招聘した同クラブのトライアルに、ムンタリが参加することが決定した。同選手がミランでセードルフ監督と師弟関係にあったということも関係しているのではないかと見られている。

 もし仮にテストに合格すれば契約を結ぶ運びになるという。果たしてムンタリはキャリア初となるスペイン挑戦となるのだろうか。そして、現在リーガで17位と低迷しているデポルティーボの浮上のきっかけとなることができるのだろうか。