Other Editions

長友、ベルギー代表に惜敗で悔しさ露わ「決めきれないところに差がある」

日本代表DF長友佑都 写真提供:Getty Images

 ベルギー代表との国際親善試合が日本時間15日に行われ、1-0で敗れた日本代表のDF長友佑都が試合を振り返りコメントを残している。

 前半を無失点で切り抜けるなど、10日に行われたブラジル戦での反省を活かすことができた日本代表。しかし、何度か訪れたチャンスを決めきることができず、無得点に終わっている。長友は試合内容を振り返りコメントを残した。

「前半はチームが1つになって集中した守備ができていたので良いゲームは出来ていました。負けは負けなので悔しいですね。決めるべきところを決められたので。僕らもチャンスはありましたけど、それを決めきれないっていうのは差があると思います」

「W杯まで試合数があまりないので、1試合1試合大事にして、今日出た課題というものを次につなげられるように。あとは自分も次の代表に選ばれるように頑張ります」

 ベルギー代表との差を語った長友。W杯まの限られた時間の中で、どれだけその差を埋めることができるだろうか。

< あわせて読みたい >
欧州XIvs南米XI、どっちが強い?
最新日本人ランキング「FIFA18Ratings」を一挙紹介
Jリーグで最も高給取りな選手は誰?