Other Editions

Cロナ、今季終了後にレアル退団の可能性を示唆。ペレス会長に移籍の意思を伝える?

レアル・マドリードFWクリスティアーノ・ロナウド 写真提供:Getty Images

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに、レアル・マドリード退団の噂が浮上している。14日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 マドリードで不動のエースとして活躍するロナウドは、現在クラブと2021年6月末までの契約を結んでいる。しかし同選手は、クラブが考えている契約延長オファーに納得していないようだ。

 ロナウドは来年33歳と、残りのキャリアもそれ程長くない。スペイン『エル・チリンギド』の報道にると、今季終了後の来年6月末にはマドリードからの退団を望んでおり、すでにクラブの会長であるフロレンティーノ・ペレス氏にはその意向を伝えているとも報じられている。

 現在マドリードは、トッテナム・ホットスパーFWハリー・ケインやパリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペの獲得に興味を示しているなど、チーム強化に余念がない。しかしロナウドにとっては、現所属選手を軽視するものだと、クラブの意向に対して不満を抱いている様子だ。

 これまで数々のタイトル獲得に貢献してきたロナウドだが、今季は未だ思うようなパフォーマンスを発揮できずにいる。とはいえバロンドールを4度も獲得した経験のある選手だけに、移籍の噂が激化するのは免れないかもしれない。

< あわせて読みたい >
欧州サッカー最高の育成機関は? 最新2017年タレント輩出ランキング
大豪邸から奇抜な趣味まで。サッカー選手の超豪華マイホーム10選
世界で最もイケメンなサッカー選手は誰? 伊紙選定ランキングを峰麻美が斬る!