セリエA

かつて中田氏在籍のパルマ、破産から2年でセリエB昇格。主将ルカレッリ「難しいと分かっていた」

セリエB昇格を決めたパルマ 写真提供:parmacalcio1913.com

 レガ・プロ昇格プレーオフが現地時間の17日に行なわれ、2年前にクラブが破産したパルマ・カルチョ1913のセリエB昇格が決まった。

 2015年にクラブ破産を経験し、セリエD(イタリア4部)まで降格していたパルマ。しかし、その後も大規模な主力放出のなかで一年でレガ・プロ(イタリア3部)昇格を決め、今季はセリエB昇格を目指して戦っていた。パルマと同じレガ・プロB地区にはアメリカ資本を投入し、元ミランのフィリッポ・インザーギ監督が指揮官を務めるベネツィアが同居。パルマはグループ2位で昇格プレーオフへ回ることとなった。

 それでもプレーオフでピアチェンツァ、ルッケーゼ、ポルデノーネ、アレッサンドリアを下したパルマは見事セリエB昇格が決定。破産から2年で2部帰還を果たしている。

 クラブ破産以前よりパルマに在籍している主将クリスティアーノ・ルカレッリは「難しいと分かっていた」と心境を語った。

「我々はミッションを成し遂げた。ここには偉大なグループと偉大な男たちがいる」