【Fリーグ】フィウーザがPK&第2PKをストップ! 湘南が小門砲で挙げた1点を守り、すみだに勝利!

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

[9.9 F113節 すみだ 0-1 湘南 丸善 1,740]
F
リーグディビジョン19日、大阪セントラル3日目を迎え、第2試合ではフウガドールすみだと湘南ベルマーレが対戦した。試合は1-0で湘南が勝利している。なお、この試合の入場者数は1,740人だった。

勝ち点176位の湘南と、同157位のすみだの一戦。すみだが勝てば順位が入れ替わることもあり、試合は白熱する。互いにチャンスをつくりあう中、迎えた前半10分。すみだはペナルティーエリア内でファウルを受け、PKを獲得する。このPKのキッカーをFP大薗諒が務めたが、シュートはGKフィウーザに止められてしまい、絶好の先制機を逃した。

湘南も15分、自陣からFP刈込真人がロングボールを蹴ると、DFの裏を取ったFP内村俊太が胸でボールをコントロールしてシュート。しかしこれは左に外れて、得点を挙げることはできなかった。

湘南は16分にファウル数が5つとなり、20分には6つ目のファウルで第2PKを与えてしまう。すみだは、再び大薗をキッカーとして送り出したが、右足で放たれたシュートは、またもフィウーザにブロックされた。結局、得点は決まらないまま、前半は終了した。

後半も互いに攻撃的に試合を進めるが、両チームのGKフィウーザと大黒章太郎の好守もあって、得点を挙げられない時間が続く。

8分にすみだはFP宮崎暁がFP岡村康平との縦のワンツーでシュートまでいけば、直後にはカウンターからFP内村俊太がFP小門勇太との連係からシュートにいくなど、互いに譲らない。11分には湘南のロドリゴが右サイドから左にドリブルし、シュートを放つが、これはGKに防がれる。それでも次のプレーで小門がFP田村佳翔を背負ってボールをキープ。フェイントを入れて逆を取り、左足を振りぬき、ボールをゴールに突き刺した。

1点を追うすみだは、後半15分に岡村が良い形でボールを奪い、カウンターを仕掛ける。岡村からパスを受けた宮崎がシュートを放つが、GKフィウーザに防がれて得点はできなかった。

すみだは残り時間2分でパワープレーを開始。しかし、最後まで得点を挙げることはできずに試合終了。湘南が虎の子の1点を守り切って10で勝利し、6位を守った。