欧州その他 Jリーグ

バルサ&神戸以外にも…繋がりが強いクラブ提携関係5選

写真提供:Gettyimages

最近のサッカー界では、自身のクラブを恒久的に繁栄させるための方策として、他クラブを巻き込んだ施策を打ち出す応用的な考えも少なくない。

海外では持株会社や同一資本家の手によって複数クラブを所有し、若手選手や適材適所の選手配置などを行い包括的なクラブ強化を実施している。さらなる高みを目指すために、クラブ間でのサポートが必要とされる時代にまで突入している。

海外クラブほどの規模ではないが、もちろんJリーグクラブの中にも上記に類似したケースが存在している。今回は「繋がりが強いクラブ同士」の関係についてご紹介したい。


バルセロナのリオネル・メッシ & 神戸のアンドレス・イニエスタ 写真提供:Gettyimages

強固なパートナーになったヴィッセル神戸とバルセロナ

繋がりが強いクラブ同士の代表格として、真っ先にヴィッセル神戸とバルセロナの関係が思い浮かぶだろう。ヴィッセル神戸の親会社である楽天が2017/18シーズンからバルセロナのメイングローバルパートナーになったことが両クラブの関係を強化するきっかけとなり、その結果バルセロナから続々と大型補強を行うことに成功した。

ダビド・ビジャ、トーマス・フェルメーレン、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタらがクリムゾンレッドのユニフォームに袖を通し、「世界レベルである彼らの試合を生でみたい」とスタジアムにファンが殺到する現象にまで発展した。このパートナーシップ構築はヴィッセル神戸のチーム力強化にもちろん繋がり、またバルセロナとの親善試合が行われるなど世界的なJリーグの関心度を高める結果になった。


マンCのケヴィン・デ・ブライネ & 横浜FMの扇原貴宏 写真提供:Gettyimages

15年ぶりの栄冠へマリノスを導いたシティグループ

15年ぶりのJリーグ制覇を手にした横浜F・マリノスと、それを後押ししたシティ・フットボール・グループの関係性にも触れなければならない。

シティ・フットボール・グループは2014年7月に日産自動車とグローバルパートナーシップを締結したことをきっかけに横浜F・マリノスの少数株主となった。これは日本サッカー界で初めて外資企業が株主となったことで注目を集めた。シティ・フットボール・グループは日本の1クラブに留まらず、ニューヨーク・シティFCやメルボルン・シティFCなど世界各国の有力クラブと提携を積極的に行い世界的なサッカー事業グループとして名を挙げた。

グローバルな視点を武器に横浜F・マリノスに必要とされる選手やスタッフをリストアップすることができたことで、的確な補強の後Jリーグ屈指の攻撃力を得た横浜F・マリノスは2019年シーズンにJリーグ優勝を果たすことに成功した。

Previous
ページ 1 / 2

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:プレミアクラブ全般、京都サンガ

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。週末にはキルケニー片手にプレミアリーグやJリーグを中心に観戦をしております。10年くらい前から海外サッカーに没頭し、当時最先端だったフレッツ光プレミアムを経由しFMVで速報を見てました。バルセロナ時代のトゥーレ・ヤヤ、アーセナル時代のトマーシュ・ロシツキー、ウォルクスブルク時代のエディン・ジェコとグラフィッチのコンビ、トッテナム時代のギャレス・ベイルなんかがとても好きでした。まだまだ素人目線のサッカーバカですが少しでもお楽しみいただければ幸いです。stand.fmでラジオを配信しております。気になる方はぜひこちらからお楽しみください。

筆者記事一覧