ブンデスリーガ バイエルン・ミュンヘン

バイエルンFWレバンドフスキ、高く評価しているストライカー5人を明らかに

ロベルト・レバンドフスキ 写真提供: Gettyimages

 バイエルン・ミュンヘン所属のポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、高く評価しているストライカー5人を明らかにした。英メディア『SportBible』が報じている。

 2019/20シーズン中にブンデスリーガ新記録となる11試合連続ゴールを記録したスーパーストライカーのレバンドフスキは「ピュアーな9番、センターフォワードを選ぶなら、カリム・ベンゼマ、ティモ・ベルナー、ルイス・スアレス、セルヒオ・アグエロ、そしてキリアン・ムバッペだろう」と5名の選手をピックアップした。

 なお、現地時間9月27日に行われたブンデスリーガ第2節ホッフェンハイム戦でレバンドフスキはスターティングメンバーに名前を連ねていなかった。同選手は後半から出場したものの、バイエルンは1-4で完敗。

ここではレバンドフスキのバイエルンでのベストシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧