その他 ALL

お前が大嫌い!犬猿の仲のサッカー選手たち。エブラとスアレスは仲直り?

ルイス・スアレス 写真提供: Gettyimages

先日投稿したコラムでサッカーという素晴らしいスポーツから生まれた選手たちの絆をご紹介した。(参照:ポグバ&ディバラ、イブラ&マクスウェル…仲良しサッカー選手たち!

しかし、この激しいスポーツから生まれるのは綺麗な友情だけではない。ある出来事をきっかけに犬猿の仲となってしまった選手も少なくないのだ。

今回は犬猿の仲のサッカー選手たちをご紹介する。

ジョルジョ・キエッリーニ 写真提供:GettyImages

キエッリーニ & フェリペ・メロ

2009年と2011年の間にユベントスでチームメイトだったジョルジョ・キエッリーニとフェリペ・メロ。ただ、当時からずっとお互いのことが気に食わなかったようだ。

キエッリーニは出版した本でブラジル人のことをこんなふうに語る。「最低の男だ。雰囲気を壊す人物であるということを何度もクラブのフロントに報告した。僕は誰とでも仲良くなれるタイプだと思っていたけど、彼は何度も私の我慢の限界を遥かに超えてきた」。

しかしフェリペ・メロはキエッリーニの言葉を全て否定し、逆に彼を口撃した。「本でこういったことを書くのは簡単だが、なぜ正面から俺に言わないんだ?君が卑怯者だからだ。俺がガラタサライに移籍し、ユベントスをチャンピオンズリーグから去らせたことを未だに怒っているのか?…(2013年12月に行われたグループステージ戦の話)」と火に油を注いでいる。

ズラタン・イブラヒモビッチ 写真提供:GettyImages

イブラヒモビッチ & マテラッツィ

インテル時代のズラタン・イブラヒモビッチとマルコ・マテラッツィは両者ともにリスペクトをされていた選手ではあるが、それと同時にキレやすいタイプでもあった。チームメイト間で争いが起きれば、リーグ戦に大きな影響を与えるだろう。

しかし、ともにプレーしていた3年間は(2006年〜2009年)お互い我慢することができたようだ。2人がぶつかり始めたのはイブラヒモビッチがミランに移籍したタイミングだ。

2010年11月14日に行われたミラノダービーで、とある事件が起きた。イブラヒモビッチは試合中にテコンドー(足技中心の格闘技)の技をマテラッツィに見舞ったのだ。彼は当時を振り返り以下のように語っている。

「前半にマルコ(マテラッツィ)から酷いファールを受けて頭にきた。この瞬間を4年前から待っていた」

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧