その他 欧州その他

アデル・ターラブト。プロ失格と言われてからベンフィカのファンタジスタになるまで

アデル・ターラブト 写真提供: Gettyimages

「アデル・ターラブトってどんな選手?」と質問されたら、かつて答えは1つしかなかった。「上手くて面白いが波が激しい」選手だ。モロッコ出身で30歳になるターラブトは、これまで目立ったり消えたり、素晴らしいスキルを見せたり、不真面目な行動を見せたりを繰り返してきた。

将来世界のトップに立つと言われていたターラブトは、12歳の時から所属していたフランスのランスでプロデビューし、イングランドに渡った。プレミアリーグで7年過ごしたが、唯一活躍ができたクラブはクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)だ。(それ以外ではトッテナム・ホットスパーとフラムでもプレーした)。セリエAのミランとジェノアでプレーした経験もあったが、太陽の国(イタリア)にもあまり安定したパフォーマンスを見せずに去った。

そして現在ターラブトは、2015年から所属しているポルトガルのベンフィカでようやくスターらしいシーズンを送っている。これはベンフィカの現在の監督ブルーノ・ラージのおかげである。ラージ監督はターラブトを出場させるだけではなく、彼を戦術の中心にしているぐらい信用し、その信用が成長につながった。

アデル・ターラブト 写真提供: Gettyimages

練習にさえ真面目に取り組んでいなかったターラブトはようやく変わってきた

ターラブトの人気は、エレベーターのように上がったり下がったりしてきた。ドリブルの上手さ、瞬発力、天才的なプレースタイルでサポーターを盛り上げることもあれば、やる気のなさや遅刻の繰り返しでたくさんの監督を悩ませることもあった。

特にトッテナムで彼の監督だったハリー・レドナップは「今まで会った選手の中で一番態度が良くない選手です。プロとして失格だ」と語っていた。しかし、ターラブトには自分の実力を信じる監督が必要だっただけかもしれません…。

2019年1月、ベンフィカのルイ・ヴィトーリア監督解任後にチームの指揮を取ることとなったラージ監督は、ターラブトをスタメンに使い、トップ下からゲームの流れを決めるファンタジスタにポジションを変更した。そのポジションの重要性を感じているターラブトは、良い試合の運び方をしているだけではなく、試合ごとに上達を見せている。

ターラブトが欠かせない選手になった証拠は、ジェドソン・フェルナンデスの状況にも現れていた。2020年1月15日にトッテナムにレンタル移籍を果たした「ポルトガルのサッカーの宝物」と言われているフェルナンデスだが、ターラブトの活躍によって、ベンフィカではベンチスタートの試合が続いていた。

Previous
ページ 1 / 2

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。日本語は母国語ではないので、たくさんミスはあるかと思いますが、自分の言葉でコンテンツを書きたいです。よろしくお願いします。

筆者記事一覧