欧州その他 日本代表・海外組

ベルギー挑戦中の三好康児を監督が高評価!「他選手もお手本にすべき」

三好康児 写真提供: Antwerp Fans

 ベルギーリーグ1部のロイヤル・アントワープに所属している三好康児はラースロー・ベレニ監督に高く評価されているようだ。ベルキー『HLN』が報じている。

 2019年8月20日に期限付きでアントワープに加入した三好。ベルギーのサッカーに少しずつ順応しているようで、ベレニ監督は以下のように評価している。

ラースロー・ベレニ

「最初に彼を試合で見た時はあまりピンとこなかったが、今はかなり重要な存在になっている。彼と話し合うのはまだ少し難しい(言語面で)が、サッカーできちんとコミュニケーションをとっている。規律を守る素晴らしいプロだ。他の選手も彼から見習うべきだね」

 三好を評価しているのは監督だけではないようだ。クラブのスポーツ・アドバイザーであるスヴェン・ジェイケス氏もこれからの活躍への期待を口にしている。

スヴェン・ジェイケス

「康児はクオリティのある選手だし、頭もいい。計画通りチームに馴染みつつある。最近はみんなとコミュニケーションを取るため、英語のレッスンにも通い始めた。学びへの意欲が強い選手なので、英語もあっという間に上達するだろう。

 ライフスタイルに関して、彼が学ぶべきことはない。しっかりと食べているし、 (若いのに) 休むべき時に休んでいる。プロであることが何を意味するかをちゃんとわかっている。これはこれからのキャリアにも非常に役に立つことだ」