リーガ アトレティコ・マドリード

トリッピアー、トッテナムに「残りたかった…」

キーラン・トリッピアー 写真提供: Gettyimages

 アトレティコ・マドリードのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが、昨シーズンまで所属していたトッテナム・ホットスパーに残留したかったと明言した。3日、英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

 今シーズン、4年間過ごしたトッテナムを離れ、約2200万ポンド(28億円)の移籍金でアトレティコに移籍したトリッピアー。しかし、この移籍に関して同選手は「ノースロンドンに残りたかった」と語り、当時の心境を語っている。

 トリッピアーは「僕はあと何年かノースロンドンに残りたかった。クラブが僕を売りたいということを知ったときはとてもショックだった。話し合ったけど、どうにもならなかったよ。サッカー界では起こり得ることだけどね」