リーガ レアル・マドリード

ウーデゴール獲得レース、ソシエダとレバークーゼンの一騎打ちか?

マルティン・ウーデゴール   写真提供:GettyImages

 今夏もレアル・マドリードからレンタルで移籍することが有力視されているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール。新天地はレアル・ソシエダかバイエル・レバークーゼンになりそうだ。22日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 レンタル先でなかなか活躍できなかったウーデゴール。今季はフィテッセにレンタル移籍してリーグ戦33試合に出場し、8ゴール9アシスト記録した。

 先日にはレバークーゼンへの移籍を希望し、交渉に挑むためドイツ入りしたとも報じられていたが、今回の報道によると、ソシエダも獲得に動いているようだ。

 また、マドリードは高いレベルでの経験を積ませたいと考えており、チャンピオンズリーグで戦うクラブへの移籍を重視するとも伝えられている。

 果たして、ウーデゴールの移籍先はどのクラブになるのだろうか。今後の動向に注目したい。