リーグアン セリエA

カバーニの古巣ナポリ復帰は…? PSG同僚との関係で問題抱えるか

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、やはり古巣ナポリ復帰の可能性があるかもしれない。現地時間5日、フランス紙『レキップ』がこれを報じている。

2020年夏にクラブとの契約が満了を迎えるカバーニを巡っては、度々古巣復帰の可能性が取りざたされており、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長も同選手が減俸に応じるのであれば復帰を歓迎すると言及していた。

そのカバーニは現地時間2日に行われたリーグアン第15節・ボルドー戦にベンチ入りしたものの出場機会が訪れなかった。同紙はブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペとの関係が良好である一方で、カバーニとの関係は依然として良好とはいえないと伝えている。

またドレッシングルームをはじめ、前線でタッグを組んでいる2選手との関係に改善が見られない場合は、今夏にもPSGを離れるかもしれないとの見方が周囲では広まっているようだ。

なおカバーニは現地時間5日に行われた第16節・ストラスブール戦で先発出場を果たしているものの、ネイマールが負傷のためベンチ外となっているほか、ムバッペも1点ビハインドで迎えた後半開始からの途中出場となっている。果たしてカバーニはチームメイトとの関係についてどのような心境でいるのだろうか。