代表チーム イタリア代表

イタリア、ウクライナ戦先発メンバーが低身長と話題。平均は1.8m未満に

フェデリコ・キエーザ(写真手前)も低身長の選手だ 写真:vivoazzurro.it

 イタリア代表は現地時間10日にウクライナ代表との国際親善試合に臨んでいるが、この試合における先発メンバーの平均身長が低いことで話題になっているようだ。現地時間10日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 UEFAネーションズリーグ第4節・ポーランド戦を控える中で行われたウクライナ戦で、イタリア代表は55分にユベントスのFWフェデリコ・ベルナルデスキが先制ゴールをあげたものの、62分に同点弾を許し、1-1の引き分けで試合を終えている。

 そのウクライナ戦での先発メンバーを見ると、11人の平均身長はなんと1.77mと1.80mを下回っていた模様。

 最終ラインではローマのDFアレッサンドロ・フロレンツィ以外の全員が平均以上であり、ゴールキーパーのジャンルイジ・ドンナルンマは1.96mを誇る。

 しかし一方で前線3トップでは、ナポリのFWロレンツォ・インシーニェが1.63mと11人の中で一番身長が低く、フィオレンティーナのFWフェデリコ・キエーザも1.75mと平均を下回る。

 さらに中盤では司令塔を務めるパリ・サンジェルマンのMFマルコ・ベッラッティが1.65mとインシーニェに続いて2番目に身長が低く、そして有望株であるカリアリのMFニコロ・バレッラも1.72mと平均を下回っている。

 欧州のフットボーラーは一般的に1.80m以上の身長があると思われているだけに、これだけ低身長のスターティングイレブンは日本のフットボールファンにとっては少し驚きだったかもしれない。

============================

・ウクライナ戦先発メンバーの各選手身長

GK
ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン):1.96m

DF
アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ):1.73m
レオナルド・ボヌッチ(ユベントス):1.90m
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス):1.87m
クリスティアーノ・ビラーギ(フィオレンティーナ):1.84m

MF:
ジョルジーニョ(チェルシー):1.80m
マルコ・ベッラッティ(パリ・サンジェルマン):1.65m
ニコロ・バレッラ(カリアリ):1.72m

FW
フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス):1.83m
ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ):1.63m
フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ):1.75m

============================