プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド

ランパード、モウリーニョとの師弟対決でPK戦の末に大金星

ジョゼ・モウリーニョとフランク・ランパード 写真提供:Getty Images

 カラバオカップ3回戦(イングランド国内リーグカップ戦)・マンチェスター・ユナイテッド対ダービー・カウンティ(イングランド2部)が行われ、ユナイテッドがPK戦の末に敗れる波乱が起こった。

 この一戦はユナイテッド率いるジョゼ・モウリーニョ監督と今季から監督キャリアをスタートさせた元チェルシーのフランク・ランパード監督との“師弟対決”で注目を集める一戦となった。

 試合は前半開始早々の3分にユナイテッドのMFフアン・マタが先制ゴールを揺らし、前半はユナイテッドのペースで試合が進み1-0で後半へ折り返す。

 しかし後半に入ると試合の流れが大きく変わる。59分にダービーが同点に追いつくと67分にはこの一戦でゴールマウスを守っていたユナイテッドのアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロがレッドカードを提示され一発退場に。その後終盤の85分にダービーが途中出場のFWジャック・マリオットが勝ち越しゴールを挙げ、オールドトラッフォードの空気が凍り付く。しかし後半アディショナルタイムの90+5分にベルギー代表MFマルアン・フェライニが土壇場で同点弾を決める。

 試合は延長戦に入ると両チームとも一進一退の攻防を繰り返し、2-2のまま勝負の行方はPK戦へ持ち込まれる。

 そのPK戦でも7人目まで両チームとも成功させる一歩も譲らぬ展開となったが、ユナイテッドの8人目のキッカーであるイングランド代表DFフィル・ジョーンズがPK失敗に終わり、ダービーが8-7で勝利。ランパード監督は現役時代チェルシー在籍時の指揮官であるモウリーニョから初対戦で見事大金星を挙げている。