プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド

マンUで苦しむイタリア代表DF、ナポリへ移籍か「僕は退団したい」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するマッテオ・ダルミアン 写真提供:Getty Images

 ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンの獲得を希望していることを明かした。30日にイギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

 2015年にトリノからマンチェスター・ユナイテッドへと移籍したダルミアン。移籍初年度は39試合に出場していたものの、次シーズンは29試合、そして昨季は僅か17試合と、年を重ねるごとに出場機会が限られてきている。

 そんな同選手を、ナポリが獲得しようと考えているようだ。ナポリのデ・ラウレンティス会長は「我々は来夏までのレンタルでダルミアンを獲得できないかと打診した」と話し、既に動き始めていることを明かした。

 また、ダルミアン本人は「僕はもっとコンスタントにプレーしたい。昨シーズン、僕は全然プレーできなかった。だから僕は監督やクラブと将来について話し合ったんだ。僕はユナイテッドを去りたい。だけど、どうなるかはわからないんだ…」と話し、退団に前向きであることを明かした。

 果たして、3年ぶりに母国へと復帰することになるのだろうか。注目が集まる。