日本代表

森保一新監督、五輪代表とA代表の指揮官兼任へ…田嶋会長は「世代交代を兼ねて…」

日本代表新監督に就任した森保一 写真:Football Tribe

 日本サッカー協会(JFA)が26日『新監督就任記者会見』を開き、日本代表新監督に就任した森保一監督と会長の田嶋幸三氏と技術委員長の関塚隆氏が出席した。

 今回新監督に就任した森保一監督は五輪代表とA代表の指揮官を兼任することを改めて発表。まずは田島会長が「オールジャパンとして支えるには本当にふさわしい。世代交代待った無しの時です。そして彼は、オリンピックと日本代表の両方の監督という、2つの重要な役割を担っていただきます。その中で世代交代を実現するためには、この2つを兼ねている方がよりスムーズにいく、そのメリットがある、そっちを選びました。私も様々な形でオリンピック、代表チームを見てきました。うまくいっている時もあるし、選手の取り合いになることも見てきた。1人の監督が兼任する意味がある。日本代表を率いることには相当な覚悟がいる。このチャレンジをするのにふさわしい人材が森保監督であるということ、これを実現するには技術委員会のみならず、オールジャパンでサポートしていかなければならない」とコメント。

 また、森保一監督は監督兼任について「兼任監督ということで東京五輪の監督させていただきながら、日本のサッカー界に貢献していきたいです。2つのチームを指揮するのは困難ですし1人では不可能ですが、日本代表を支えてくださる多くの方々の力をお借りしながらその不可能が可能に代わり、2つのチームを同時に見ていくことが大きな成果に代わっていく。日本代表の勝利のために、そして、2人からもあったように世代交代というところ、年代観の融合を図る。日本代表だけではなく、日本サッカー界の発展に繋がるように。多くの先輩からバトンを受け継いできました。今やらなければいけない任務を全うして、すこしでも良いかたちで次の方にバトンタッチしたいと思っています。2つの代表をやっていくには本当に覚悟が必要だと思っています。我々日本代表が多くの方に支えられて活動できることに感謝しながら、感謝と覚悟を持って職責を全うしていきたいつもりです。ここで監督就任の会見ということで、初心表明ということで目標を語らなければいけないとは思いますが、今は感謝の気持ちが強い。今回も素晴らしい仕事いただき、大好きなサッカーに携わっていることができるのも、ここに居るお2人(田嶋幸三氏と関塚隆氏)と日本サッカー協会の覚悟があるからこそ、その覚悟に期待に応えられるように自分のすべてを出して、職責を全うしたい」と語った。