セリエA ユベントス

CL決勝控えるユベントスの本拠地名称が変更。来季より世界で“7つ目”のアリアンツ・スタジアムに

新名称アリアンツ・スタジアム 写真提供:Juventus.com

 ユベントスが1日、来季よりホームスタジアムの名称を「アリアンツ・スタジアム」に変更することを発表した。

 ユベントスは2011年以来ユベントス・スタジアムを本拠地としてきた。しかし、今回アリアンツがネーミングライツを獲得したことで2017年7月1日よりスタジアム名称をアリアンツ・スタジアムに変更する。

 アリアンツはバイエルン・ミュンヘンの本拠地であるアリアンツ・アレーナのネーミングライツを獲得していることでも有名で、ユベントスは世界で7つ目の“アリアンツ”・スタジアムの一員となることになる。現在、アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン)、アリアンツ・リビエラ(ニース)、アリアンツ・スタジアム(シドニー)、アリアンツ・パルケ(サンパウロ)、アリアンツ・シュタディオン(ウィーン)が存在する。