リーガ 移籍

西紙が予想する今夏の移籍市場で移籍する可能性が高い8人の選手たち!

写真提供:Gettyimages

 スペイン紙『マルカ』が今夏の移籍市場で実現する可能性が高い選手たちを特集。今回はその中から8人の選手たちをピックアップして紹介していく。


写真提供:Gettyimages

マルセロ

所属:レアル・マドリード

 マドリードとの契約が2022年6月までに迫っているマルセロ。同選手の獲得にはユベントスが関心を示しており、4年契約を用意しているとも報じられている。元チームメイトのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと仲がいいことから度々噂にもなっていたが、ユベントスはパフォーマンスが落ちているブラジル代表DFアレックス・サンドロからマルセロに入れ代えたいと考えているとも伝えられている。


ダビド・アラバ 写真提供: Gettyimages

ダビド・アラバ

所属:バイエルン・ミュンヘン

 そんなマルセロの後釜としてマドリードが獲得を狙っているのがバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバ。バルセロナやマンチェスター・シティからの関心も噂されている同選手だが、ドイツ紙『ビルト』の報道によれば、アラバがバイエルンを離れる可能性が十分にあるとも伝えられている。


写真提供:Gettyimages

ロドリゴ・ゴエス

所属:レアル・マドリード

 チャンピオンズリーグ(CL)でハットトリックを決めるなど話題になったU-23ブラジル代表FWロドリゴ。しかし、最近では5試合連続ベンチ外が続くなど、難しい時期を過ごしている。そんな中、マドリードはアヤックスのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの獲得にロドリゴを交渉材料として使う可能性が浮上している。


 

Previous
ページ 1 / 3