セリエA ユベントス

元ユーベGMがサッリを批判「言い訳する癖がある」

マウリツィオ・サッリ監督 写真提供:Gettyinages

 元ユベントスGMのルチアーノ・モッジ氏がマウリツィオ・サッリ監督を批判するコメントを残した。16日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が『Radio Punto Nuovo』でのモッジ氏の発言を伝えている。

 セリエA第3節のフィオレンティーナ戦をスコアレスドローで終え、勝ち点を取りこぼしたユベントス。サッリ監督は「午後の熱い中でプレーするのは簡単ではなかった」と試合を振り返っている。

 そんなサッリ氏の敗戦後のコメントを、モッジ氏は以下のように語っている。

ルチアーノ・モッジ

「彼はいつも言い訳をする癖がある。それはフットボールにとって悪であり、コンテは正しい答え方をしていた。試合を変えるには選手を変える必要があると思っていたが、彼はそうしなかった。

 ユベントスは偉大なチャンピオンたちのいるチームだ。彼らはいつだって試合に勝てる。しかし、彼らの試合は変わり映えしない。

 1つの時代が終わり、アッレグリは去った。なぜなら、スタイルの変更を望んだからだ。全員で攻撃するというスタイルにね」