ヴィッセル神戸 ユベントス

カセレス、神戸から総額11億のオファー断り1億提示のユベントスへ

マルティン・カセレス  写真提供:Getty Images

 1月の移籍市場でウルグアイ代表DFマルティン・カセレスがヴィッセル神戸からの高額オファーを断り、ユベントスへ加入を決断したようだ。イタリア紙『Calciomercato』が伝えている。

 直前までヴィッセル神戸行きが有力視されていたカセレス。神戸は同選手に3年間の契約を打診、その年俸総額は900万ユーロ(約11億円)を超えるものだったという。

 しかし、古巣のユべントスからオファーが届くとこれを受け入れた。ユベントスは今シーズン終了までの5ヶ月間で90万ユーロ(約1億円)という条件だったという。

 同紙ではこのことについて「カセレスの復帰は愛ゆえの行動だった」と伝えている。