プレミアリーグ トッテナム

好調マンU戦で、勝負の命運を握るスパーズの4選手

昨年8月28日にプレミアリーグ第3節でマンチェスター・ユナイテッドに3-0で勝利したトッテナム・ホットスパー。前半戦を3位で折り返した彼らは、再び赤い悪魔と日本時間14日に激突する。彼らは前半戦のようにスムーズに勝てるとは考えていないだろう。新監督の下ユナイテッドは真の姿を取り戻し、破壊力抜群のチームとなっているからだ。そこで今回は、この試合に大きな影響を与えそうな、スパーズの4選手をご紹介する。


トビー・アルデルベイレルト

速さ、強さ、高さを兼ね備えたアルデルベイレルトはこの試合で多くの負担にさらされるだろう。彼はこれまでのように最終ラインの確固たるリーダーとしての姿勢が求められる。現在のユナイテッド相手には1つの油断が失点につながる。冷静さと熱さを兼ねそなえ、持ち前の技術を活かしてユナイテッド攻撃陣の守備的な負担を増やすことができれば楽になるだろう。


デレ・アリ

ユナイテッドの守備陣に対して、多くの負担を与えられる選手がデレ・アリだ。素晴らしいテクニックとゴールセンス、あらゆる角度からエリア内に入ってくるオフ・ザ・ボールの動きについてこれるディフェンダーは世界を見渡しても少ないだろう。ボールを引き出し、試合にリズムを与え、致命的な一撃を見舞う。タスク過多なユナイテッドの中盤2枚にもプレッシャーを与えられるだろう。彼の高いセンスに期待だ。


ハリー・ウィンクス

おそらくエリック・ダイアーは14日の試合にも出場しないだろう。そうなると、引き続き守備的MFとしてウィンクスが起用されるはずだ。彼が本来の力を発揮すれば、トッテナムの守備から攻撃への切り替えは格段にスピーディーになる。オーレ・グンナー・スールシャールの下で輝きを放つポール・ポグバを抑えるためにも、彼の活躍は必要だ。これまでのように、若さに似合わない熟練したプレーを見せる必要がある。


ハリー・ケイン

イングランド代表のエースであり、プレミア屈指の点取り屋もこの試合の重要なキーマンだ。彼が決して強固とは言えないユナイテッドの最終ラインにどこまでプレッシャーをかけられるかで、試合の進め方は大きく変わってくるだろう。常にチャンスを伺い続ける必要がある。理想としては攻撃陣を含めたユナイテッドの選手たちに、守備参加せざるを得ない精神的なプレッシャーを与えたい。攻撃に専念させてはいけない。