リーグアン モナコ

モナコ、ミランMF獲得を諦めず。争点になるのは…

フランク・ケシエ 写真提供:Gettyimages

 モナコはミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエの獲得を諦めていないようだ。27日、イタリア紙『ラ・レプッブリカ』が報じている。

 ジェンナーロ・ガットゥーゾ前監督からマルコ・ジャンパオロ監督に指揮官が後退し、チーム内での序列が微妙なもになっているケシエ。CFO(チーフ・フットボール・オフィサー)のズボニミール・ボバン氏は同選手の放出を否定するコメントを残したが、移籍の可能性が報じられ続けている。

 そのケシエ獲得が噂されているのがモナコだ。2500万ユーロ(約29億4000万円)~2800万ユーロ(約32億9000万円)の移籍金での獲得をめざしており、ミランと交渉を続けているという。

 ただ、ケシエはチャンピオンズリーグ(CL)出場権を持つクラブへの移籍を望んでいるとされており、そうでないクラブに移籍する場合には年俸の増額を要求しているという。また、ミランはケシエを放出する場合、後釜となる選手が必要になるが、具体的な新戦力獲得の話は聞こえてこない。

 移籍市場の閉幕まであと5日程度。締め切りまでにケシエはモナコへ移籍することになるのだろうか。