ワールドカップ 日本代表

世界最高峰の国際舞台を最も経験。日本人選手W杯出場試合数ランキング

日本時間19日に行われたロシアワールドカップ、グループステージ初戦のコロンビア戦に2-1で勝利した日本代表。戦前の予想を覆す勝利に日本中が沸いた。今回はこれまでに最もW杯の舞台でピッチに立ってきた選手をご紹介する。

宮本恒靖

初出場:2002W杯ベルギー戦
出場試合数:6
ポジション:DF

川口能活

初出場:6
出場試合数:1998W杯アルゼンチン戦
ポジション:GK

遠藤保仁

初出場:2010W杯カメルーン戦
出場試合数:6
ポジション:MF

中澤佑二

初出場:2006W杯オーストラリア戦
出場試合数:6
ポジション:DF

小野伸二

初出場:1998W杯ジャマイカ戦
出場試合数:6
ポジション:MF

大久保嘉人

初出場:2010W杯カメルーン戦
出場試合数:7
ポジション:FW

稲本潤一

初出場:2002W杯ベルギー戦
出場試合数:7
ポジション:MF

長友佑都

初出場:2010W杯カメルーン
出場試合数:8
ポジション:MF

長谷部誠

初出場:2010W杯カメルーン
出場試合数:8
ポジション:MF

岡崎慎司

初出場:2010W杯カメルーン
出場試合数:8
ポジション:MF

本田圭佑

初出場:2010W杯カメルーン
出場試合数:8
ポジション:MF

中田英寿

初出場:1998W杯アルゼンチン戦
出場試合数:10
ポジション:MF