【F1】大阪のFP堀米将太が3シーズンぶりに北海道へ復帰 「大阪で得たものを若手に伝え、チームを引っ張っていく」

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

エスポラーダ北海道は15日、クラブの公式HPでFP堀米将太が、シュライカー大阪より加入することを発表した。
堀米は2017-18シーズン開幕前に北海道から大阪へ移籍。今季は中心選手として活躍し、Fリーグ2018/2019準優勝に大きく貢献していた。

北海道の広報を通じて堀米は、以下のようにコメントを発表している。
「この度、シュライカー大阪から2年振りにエスポラーダ北海道に帰ってくることになりました。堀米将太です。
自分の生まれた地である北海道で再びプレーできることをとても嬉しく感じています。
やるべき事は大阪で得たものを若手に伝え、チームを引っ張っていくことだと思っています。
これからまた熱い応援をよろしくお願いいたします!」

また、離れることになる大阪の広報を通じて、下記のようにコメントしている。
「今シーズンでシュライカー大阪を退団し、エスポラーダ北海道へ移籍することになりました。2年間と短い間でしたが沢山の応援、サポートありがとうございました。自分が大阪に来てから1つもタイトルを獲れなかった事に悔しさと責任を感じています。大阪で得た経験を今後に活かして頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。」
以下、北海道が発表した選手プロフィール
●堀米 将太
ほりごめ しょうた
■ポジション
FP
■生年月日
1993月1月20日(26歳)
■出身地
北海道札幌市
■身長/体重
177cm/68kg
■前所属
シュライカー大阪